NOW LOADING...

2018.1.31 - 3.29 毎週木曜19:00〜21:00

TIPS TOW INTERACTIVE PROMOTION SCHOOL

  • 写真 小田桐 昭
  • 写真 石原 篤
  • 写真 甲斐 智大
  • 写真 尾上 永晃
  • 写真 中村 洋基
  • 写真 木部 喬
  • 写真 海老根 俊一
  • 写真 谷川 英司
  • 写真 丸山 研司
  • 写真 奥谷 雄介
  • 写真 小久保 英史
  • TIPS 2018
  • 写真 小柴 誠
  • 小田桐 昭
  • 石原 篤
  • 甲斐 智大
  • 尾上 永晃
  • 中村 洋基
  • 木部 喬
  • 海老根 俊一
  • 谷川 英司
  • 丸山 研司
  • 奥谷 雄介
  • 小久保 英史
  • 小柴 誠
お申込み受付は終了しました!
scroll down
TOW
  • facebook
  • twitter

コンセプト

様々なデジタルデバイスやテクノロジーが進化し、
人のライフスタイルやコミュニケーションの在り方が
どんどん変化しています。
つまり、インタラクティブプロモーションも
技術の進化に合わせて変化し続けているのです。
答えはまだない。未来は誰もわからない。だから、おもしろい。

あなたはそれを考え抜くプランナーか、創り出すプロデューサーか。
それとも、突き詰めるテクノロジストか。
自分の将来をイメージできる2ヶ月間がはじまります。

講師紹介

写真

TOW 顧問 / 小田桐昭事務所

小田桐 昭 校長

1961年金沢美術工芸大学卒業、同年電通入社。主にTVCMの企画制作。カンヌ金賞、クリオ賞、ACCグランプリ、杉山賞、日本宣伝大賞山名賞他、多数受賞。東京ADC、ニューヨークADC、金沢美術工芸大学客員教授。

写真

博報堂ケトル

石原 篤

2002年博報堂入社。プロモーションデザイン局に配属。07年より博報堂ケトルに所属。主な仕事に「C.C.レモン・忍者女子高生」「niko and ... TOKYO」「SevenStars・StarFes.」「のんある気分・広末涼子マネージャー・剱持慎也」「NEW CAMRY」「森下仁丹・第四新卒採用」など。

写真

電通

尾上 永晃

谷中在住の2009年電通入社組。デジタルを核に、企業広告からまちづくりや日本酒のブランディングまで臨機応変なコミュニケーション設計をしている。最近の主な仕事は、東急電鉄「池上線フリー乗車デー」日本郵便「年賀状x平成」集英社「ワンピース20周年 京都麦わら道中記」「こち亀40周年&終了キャンペーン」キリンビール「スローボタン」日清食品「10分どん兵衛」「どん二郎」など。TCC新人賞やカンヌ、メ芸など受賞。よく痛風になる。

写真

PARTY

中村 洋基

電通でテクニカルディレクターとして活躍後、2011年、4人のメンバーと共にPARTYを設立。代表作に、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、ユニクロ「UT PICKS」等。国内外250以上の広告賞の受賞歴、審査員歴も多数。

写真

TOKYO

谷川 英司

1976年三重県生まれ、千葉大学工学部卒。2012年にTOKYOを設立。従来の映像表現のみならず。プログラミングなどの新しい表現を取り入れた演出が、全世界的に評価を受ける。

写真

1→10 design

丸山 研司

1980年生まれ。大学の頃からデジタルが嫌いで、雑誌編集の道に進むもリーマンショックとともに引退。その後、デジタルに路線変更し、食わず嫌いを克服する。現在は1-10designのチーフプロデューサーとしてデジタル関連のクリエイティブプロデュース全般を担当するまでにアップデート。

写真

面白法人カヤック

奥谷 雄介

1988年生まれ。早稲田大学卒。2014年に面白法人カヤックに入社後、クライアントワークチームのプロデューサーに。WEBの大型プロモーションやイベント×テクノロジー案件の実施に勤しむ。「ちゃんりおメーカー」「世にも奇妙な自販機」、TOWACとしてJRA案件などを担当。

写真

TOW

甲斐 智大

2013年TOW入社。2016年より1年半の間、博報堂ケトルに出向。プロデューサーとして、リアル領域を起点に、動画・デジタルなど手法を問わずプロモーション施策を手掛ける。主な実績として、「森下仁丹・第四新卒採用」「十六茶・健康十六茶cafe」など。

写真

TOW

木部 喬

2011年TOW入社。デザイナー、Webディレクター、PARTYへの1年間の出向を経て、現在はプロデューサーとしてデジタル・リアルを問わずプロモーション施策を手掛ける。主な実績として、資生堂「マジョリ画」、日清食品「山の海の家 in Gunma」など。

写真

TOW

海老根 俊一

1977年生まれ。芝浦工業大卒。2005年にTOWに入社後、リアル体験領域を起点にしながらPR・デジタル・映像など様々な手法を駆使して、多数のアクティベーション企画・開発に携わる。

写真

TOW

小久保 英史

2005年TOW入社。6年間イベントプランニングに従事したのち面白法人カヤックに出向、リアル×デジタルの可能性に目覚める。その後、カヤックとの協業ユニット「TOWAC」結成を推進。主な仕事に、「Audi Showroom Home Delivery」「シン・アリマ」「キングダムダービー」など。

写真

TOW

小柴 誠

早稲田大学卒業後、TOWに入社。企画セクションに在籍し、生え抜きプランナーとして17年間のキャリアを積む。2017年より体験デザイン本部・体験ストラテジーチームを率い、プロモーション戦略の立案や、データを駆使した体験価値の向上と可視化に取り組む。

開催概要

開講日程

2018年1月31日(水)~ 2018年3月29日(木)

講義時間

毎週木曜日 19:00〜21:00
※初回2018年1月31日のみ水曜日に開催。
※終了時刻は、講義内容により変更される場合がございます。

定  員

25名

講義回数

全9回

開催場所

株式会社テー・オー・ダブリュー 会議室、他

対象

広告/プロモーション業界に興味がある/目指している学生の方(2019年/2020年卒業予定者)

選考

WEBエントリー後、選考を行い合格者を決定。
合否発表は、エントリー後、約3週間以内にお知らせします。

受講料

20,000円(税別)

校長

小田桐 昭(TOW 顧問/小田桐昭事務所代表)

卒業特典

TOW採用過程における一次面接免除

主催

株式会社テー・オー・ダブリュー

カリキュラム

日程   講義タイトル 講師名
2018. 1.31wed PR×インタラクティブプロモーション『PR発想のインタラクティブプロモーション』 石原 篤(博報堂ケトル)
甲斐 智大(TOW)
  2.8thu コピー×インタラクティブプロモーション『コピーをコミュニケーションツールとして広げるインタラクティブプロモーション』 尾上 永晃(電通)
木部 喬(TOW)
  2.15thu 発想・創造×インタラクティブプロモーション『インタラクティブプロモーションの創造プロセス』 中村 洋基(PARTY)
  2.22thu 体験デザイン『人を動かす体験デザイン&ワークショップ』 海老根 俊一(TOW)
  3.1thu 映像コミュニケーション『映像から発想するインタラクティブコミュニケーションの作り方』 谷川 英司(TOKYO)
  3.8thu テクノロジー×体験『ユーザーと新たなテクノロジーを繋ぐコミュニケーション』 丸山 研司(1→10design)
  3.15thu デジタルコミュニケーション『リアルとデジタルの融合で新たな体験を創る』 奥谷 雄介(面白法人カヤック)
小久保 英史(TOW)
  3.22thu データ×プランニング『プロモーション・プラニング実践/どう「インタラクション」を生み出し、成果につなげるか?』 小柴 誠(TOW)
  3.29thu   卒業演習/修了式 小田桐 昭
(TOW顧問/小田桐昭事務所)

※終了時刻は、講義内容により変更される場合がございます。

卒業生の声

「多彩で豪華すぎる講師陣」

TOW社員として実際の業務に携わる今でも、講義ノートを見返してはハッとさせられることがあります。
各講師の方々はそれぞれ違った視点や得意分野から講義をしてくれるので、人を動かすためのアプローチの幅広さに興奮したのを覚えています。アイディアの考え方や実際の案件についても聞くことができ、
業界の第一線で活躍されている講師の方々は今でこそ、その豪華さに驚きます。

「自分のやりたいことが見えてくる」

学生時代に、自分の目指したいものが明確になったスクールでした。スクールに参加するまでは漠然と、
「広告業界ってかっこいいな。面白そう。」と思い、なんとなく業界を目指していました。
しかし、講義を受ける中で、広告に限らず1つのコミュニケーションを作り上げる過程を知り、
自分がどんなことに携わっていきたいかを考える大きなきっかけになりました。

「刺激しあえる存在と出会えた貴重な場」

第一線で活躍する方々の講義を受けることができることはもちろん、グループワークなどを通して、広告業界や
インタラクティブなど自分と似た領域について興味を持っている同年代の方たちと交友ができ、
様々な考え方に触れることができるとても刺激的な場
でした。スクールを通して生まれた出会いは、
社会に出た今でもなお、共に切磋琢磨できる関係です。

「業界を知り、仕事をまなぶ」

日々新しい発見ばかりで、週に一度の講義が待ち遠しかったです。特に、ここでしか聞けない裏話が山ほどあり、
常にメモ書きでノートがいっぱいになるほど聞き入っていました。自分自身、業界のことは無知でしたが、
多種多様な企業が活躍しており、世界が広いなと感じました。
業界や仕事のことなどが理解できる最高の場です。

ページトップへ